BLOGブログ
BLOG

さんぽセル

2022/06/19
ロゴ

さんぽセル

①なぜ批判

②参加者が決める事

③品性下劣

④さんぽセルという教材

⑤算数

⑥社会

⑦経験と学習

⑧成功体験

⑨失敗

⑩大人の凄さ

まとめ 未来の楽しみ

ソース画像を表示

①なぜ批判

 ネットニュースで「さんぽセル」というカバンを作った子供の事が、掲載されていました。

なぜか、批判する大人がいる事も知りました。

新しく物事を行う事で、批判を受けるのは仕方が無い事かもしれません。

しかし、批判をする大人たちが、何を考えて批判を行うのかは理解に苦しむだけです。

ソース画像を表示

 

②参加者が決める事

開発した子供たちに大人の批判は関係ありません。

そんな事よりも、開発した子供たちの自主性や自発性という、自分たちで行う挑戦に対する素晴らしい事に対して、評価のできる人は、当人以外にこの世の中にはいません。

あくまでも、評価をできるのは挑戦した子供たちと、それを支えた大人だけです。

ソース画像を表示

③品性下劣

評価とは自分たちが行うもので、頼まれてもいない外からの評価は、自らの品性下劣な姿を世間にさらすだけの愚かな事です。

ソース画像を表示

さんぽセルという教材

今回の「さんぽセル」は単に商品を開発したのではなく、多くの事を経験し、多くの学びが出来たと思います。

因みに、アイディアを形にするためには自分達で、図面を引き試作品を作らなくてはいけません。 ここでは「図工・工作」の勉強になります。

ソース画像を表示

算数

 形状からキャリーバッグの様になっているので、テコの原理から「理科」の勉強になります。

強度計算は「物理・算数」が必要になります。

見た目を考えれば「美術」の勉強になります。

ソース画像を表示

⑥社会

さらに、大人に助けを求めなければ事は進まないので、自分達の意思を伝えるためには「国語」が必要です。

そして、世に出すためには多くの書類が必要です。

製造物責任法の観点からも多くの書類を提出しなくてはなりません。 これは「社会」の勉強になります。

ソース画像を表示

⑦経験と学習

たかがカバンと思う方もいるかも知れませんが、かなり大変な事の積み重ねがあり、製品は世間に出てきます。

それを思えば、素晴らしい経験や学びになった事は、間違いないと思います。

ソース画像を表示

⑧成功体験

 挑戦をする事が素晴らしく、世の中に出せた事が素晴らしいく、多くの成功体験を得られたという事は、結果に結びつけるまでには、多くの失敗もしたはずです。

子供の頃にこれほどの経験ができた事は、これからの人生にたくさんの糧ができたと思います。

羨ましい限りです。

ソース画像を表示

⑨失敗

挑戦をするという事は、ほとんどが失敗から始まります。

それだけに、覚悟も必要になります。

しかし、失敗する事により、多くの学びを得られます。

ソース画像を表示

⑩大人の凄さ

⑩子供たちに、安心して失敗のできる環境を提供した、大人も素晴らしいと思います。

ソース画像を表示

まとめ 未来の楽しみ

もしかしたら失敗を恐れない現代の子供たちに、大人が置いて行かれる時代が、既に目の前に来ているのかもしれません。

そんな子供達が大人になり、色々な場面で活躍する未来は、きっと面白くなると思います。

ソース画像を表示