BLOGブログ
BLOG

それ笑える?

2022/06/28
ロゴ

それ笑える?

最近、反転可能性テストという言葉を知りました。

①反転可能性テスト

②難しい判断

③目安

④いじめ

⑤苦しい時

⑥しくじり先生

⑦浄土三部経

⑧五逆

⑨失敗は付き物

まとめ 笑える?

ソース画像を表示

①反転可能性テスト

 反転可能性テストと言うのは、自分が他人に行った事を、そのまんま自分が同じ様にされた時に平気かどうか、受け入れる事が可能か否かと言う事を、確認するテストです。

簡単に表現すれば、人にした事を自分自身が耐えられるか否かの、簡単なテストです。

昔から「人の嫌がる事はしていけません」と言う教えを受けて来ていると思います。

同時に「自分がされて嫌な事を、他人にしてはいけません。」と言う事も教えられてきていると思います。

ソース画像を表示

②難しい判断

 私たちは何気ない生活の中で、何が正しくて何が正しくないのかという、時に難しい判断を迫られることがあります。

嘘はいけないと言いますが、状況においては嘘が大切な時もあります。

他人との関係は、いろいろと複雑なだけに、どれが正しくてどれが正しくないかと、明確に判断する事は、とても難しい事の一つなのです。

ソース画像を表示

③目安

 人は状況によって物事の捉え方が変化しますので、絶対的な正解もありません。

しかし、一つの目安として言える事があるとすれば、その行為が自分の過去になった時に、その事を笑い話にできるか否かだと思います。

ソース画像を表示

④いじめ

多くのタレントさんが、インタビュー等でご自身の過去を語りますが、いじめられていた経験を語る方はいても、いじめを行っていた経験を語る方はいません。

これが、笑えない過去の正体だと思います。

ソース画像を表示

⑤苦しい時

私自身、高校の受験に失敗した結果、地元の高校を落ちて名古屋の学校に通いました。

今でこそ笑って言えますが、当時は苦しかったです。

いろいろな出来事があるので、その時には中々苦しい事は、口にする事ができません。

しかし時間と共にその思い出が、笑い話にできるかどうかと言うのは、自分自身が多くの経験積み重ね、成長した証だと思います。

ソース画像を表示

⑥しくじり先生

何か失敗した時や上手く行かなかった事を放送する「しくじり先生」と言うテレビ番組もあります。

人は自分がしくじった事、失敗してしまった事などの過去は、いつか笑いに変えることができます。

しかし、やらかしてしまった事が、相手に対して何らかの損害を与えるとか、加虐するような反社会的要素が加わっていると、それは決して笑える事とはなりません。

ここに私たちが一つの判断基準として、自分の過去に対して笑えるか否か、これが大きな意味を持って来ると思います。

ソース画像を表示

⑦浄土三部経

私たちが大切にする教えは真宗の教えです。

その教えの礎は、浄土三部経と呼ばれ「仏説無量寿経」「仏説感無量寿経」「仏説阿弥陀経」の三つのお経から成り立っています。

仏説無量寿経の第十八願の最後に「唯除五逆 誹謗正法」とあります。

ソース画像を表示

⑧五逆

五逆とは、してはいけない五つの事で、その一つに「傷仏」と言うモノがあります。

書いて字のごとく、仏を傷つけると書きます。

この仏を傷つけると言う事が、笑える過去か否かになると考えています。

仏は記憶からやってきますので、「記憶に嫌な要素を残す」これが傷仏の正体と言うことになると思います。

ソース画像を表示

⑨失敗は付き物

もし自分のやってきた事を省みる時に、自分の過去に対して、笑えないか、笑えるか。

この事が大きな判断基準となっても良いのではないかと思います。

一生懸命に生きていれば、様々な失敗があると思います。

もし、その失敗が笑えないような事だとすれば、五逆の一つを行い、他人には言えないような行いをしたのだと思います。

ソース画像を表示

まとめ 笑える?

自分の行いを考え直す時には、今自分の行っている事が、過去となって子供や孫やそして仲間たちに自慢できるか否か、笑い話にできるか否か。

このことが重要になると思います。

ソース画像を表示