CONCEPTコンセプト
CONCEPTコンセプト

愛知の永代供養墓は費用も一般の相場より抑えた新しい形

愛知の永代供養を承る当寺院は生前に申込みができることも特長

愛知で永代供養を承る宗教法人 福正寺は、応仁二年(1468年)に蓮如上人より往生楽邦・枢要を受け、真宗大谷派に改宗し、六字名号を賜りました。
愛知の当寺院の永代供養の殿堂は、緑に囲まれた静寂な境内にございます。
宗教法人 福正寺は、平成五年(1993年)門信徒の会合を開き、全員の賛同の意を得て、移転建築をすることに至り、平成七年に無事完成、平成十三年(2001年)に完成落慶の運びとなり建立されました。

愛知の永代供養 継続的に管理と供養が受けられます

愛知の宗教法人 福正寺の永代供養墓・納骨堂の最も重要な点は、継続的な維持管理が出来、成仏と言う供養がなされているという点にあります。
個別でお納めするロッカー式納骨堂や、合同でお納めさせていただく合祀墓があり、ご費用もこれからの社会環境、家庭状況に添う形式の合祀墓・納骨堂を施設いたしました。
宗教法人 福正寺では真宗大谷派の儀礼に則りご葬儀も執り行います。また継続的な管理と供養が受けられます。
承継者がいらっしゃらなくても生前に申込みができることも特長ですので、お墓のこと等の心配から解放され、仏縁をよりどころに人生を安心して積極的に生きていただくための新しい供養のあり方です。
国道に近く交通の便の良い立地の宗教法人 福正寺は、各ご家庭のご事情に合わせた供養のカタチに最適なお寺です。

愛知の永代供養は、アクセスしやすくお車でのご来山が可能です

愛知で永代供養へのご希望は、年々増え、部でもご希望者が増えてきており、一般墓地と違い跡継ぎがいなくても購入でき、相場と比べて費用が安価である点などが人気を博しています。
当寺院でも供養墓・納骨堂のご希望は年々増えており、単身の方や子どものいないご夫婦はもちろん、娘が嫁いだ後はお墓のことで面倒をかけたくない、子どもが遠方にいるので守っていく必要のないお墓がよいという方は少なくありません。
宗教法人 福正寺の供養は、生前にご予約いただけ、ご遺骨の有無に関わらずどなた様でもご契約いただけます。
名鉄西尾線「西尾」駅から車で18分の自然豊かな環境にあり、国道が近く知立・刈谷・豊明などのエリアからもアクセスしやすく駐車場を完備しているため、お車でのご来山が可能です。

愛知の永代供養で宗教法人 福正寺を選択される方が増えています

愛知の宗教法人 福正寺の永代供養を選択される方が増えています。
故人様の入られたお墓や納骨堂を大切にお守りする宗教法人 福正寺の供養の方法や費用についてしっかりご理解いただいた上でご契約いただくことが大切ですので、なんなりとお問い合わせください。
宗教法人 福正寺のロッカー式納骨堂や合祀墓、お墓はどなた様でもお入りいただけ、ご遺族・関係者はいつでもお参りできるのでその点も安心です。
楽しいことを思い出せる場所の一つとして、宗教法人 福正寺にお参りください。
追加費用がかかる心配もなく当寺院にてご供養させていただきますので、お墓を継ぐ方いないとお悩みの方も安心いただけます。
ご供養についての費用のことを掲載しておりますので、ぜひご確認をお願いいたします。

愛知で永代供養を承る当寺院によくあるご質問を掲載します

愛知で永代供養を承る宗教法人 福正寺は、お墓を探している方、ご先祖様のご供養の将来が不安な方、お墓の管理が心配な方、改葬を考えている方にはおすすめです。
供養の納骨堂として当寺院で末永く心を込めて供養いたします。
お住まいの近くで供養をご希望の方、故人のご遺骨をお持ちですぐに納骨したい方、安心のご供養をご希望の方、ご家族に供養・管理の負担をかけたくない方などに、納骨堂に遺骨をお預かりして供養をさせていただく宗教法人 福正寺は最適です。
宗教法人 福正寺では、命日法要、葬儀、お盆、お彼岸などの仏事のご相談も承っております。
ご葬儀やご供養に関しては分からないことやご不安に感じていることも多いと思いますので、まずは当寺院によくいただくご質問をご確認いただければ幸いです。

愛知で永代供養を承る当寺院の住職が綴るブログです

愛知のお寺で承る永代供養は、子どもがいない方や娘が嫁いでお墓を継ぐ人がいない方、生涯独身の方などが、家族に代わってお寺の住職が供養させていただく供養の形です。
お墓の管理を当寺院が担わせていただく供養は、自分たちでお墓の管理をする必要がなく、当寺院に供養の全てを任せられ安心できると大きな注目を集めています。
身寄りや後継ぎのない方の供養手段として、これまで用いられてきました当寺院の合祀墓は、家や家族に代わって供養・管理などの墓守をさせていただくお墓です。
お参りも自由にでき、仮にお参りする人がいなくなったとしても無縁仏・無縁墓になる心配がありません。
ブログをご用意して、供養、納骨堂についてのことや寺院の様子などをご紹介します。
ぜひご一読ください。